このサバゲー、以前から知ってはいましたが何故興味を持ったかというと

ソクドクマンに来ている小中学生の男の子の多くが、家庭用ゲーム機やPCゲームで今人気な

FORTNITE/フォートナイト」「荒野行動」「PUBG」といったゲームに興じているという共通点から。

 

これらのゲームはゲームのフィールド上でサバイバルゲームをするものですが、表現の仕方が若干過激にとれるとも言える手法で、それに慣れていく感覚に違和感を個人的に持ったのが始まりです。

 

それらゲームのルールは無人島で銃やそこで手に入れる武器で殺し合い、最後に生き残ったモノが勝者となるのですが、既存のルールを意識しない違和感と狙い狙われる感覚の軽さ、ゲームのフィールドにいながら現実の自分は部屋にいるというリアルティの薄さになんともむず痒い感覚を覚えました。

 

特にYoutuberなどがそれらをゲーム実況して見せることで、それを子供たちが見て慣れる感覚にもどこか危機感を感じざるを得ず、いつかソクドクマンで企画し、実際に自分の脚で走って、草むらや壁に隠れて狙い狙われるリアルな感覚を体験してもらいたいと思っていました。

 

でもそれは本当の意味でのキケンとも隣り合わせで、厳格にルールを守らなければゲームとして成り立たないことも意識して欲しいという思いも….

 

以前からこの辺でのサバゲー業界で有名らしい友人にお願いし、サバイバルゲームの会場いくつかとも交渉してきましたが、なかなか落としどころが難しく、ソクドクマンの移転も有りソクドクマンとしての開催ができずにいました。

 

今回サバゲー会場として新設された三島市の「山中合戦場」さん(サバゲー業界で有名な友人のお仲間が新しく作った会場)の「親子で参加できるサバゲー」の企画に参加することで実現をみることができ、非常に有り難い機会をいただきましたが、そもそもサバゲーの業界でもこういった企画は無いだけに大人のマニアックな方が集まる場所となりがちで、新進気鋭の会場として多くの人に知っていただく為の企画として友人たちが企画したようです。

 

ソクドクマンとしての参加者は寸前にキャンセルが出て1名でしたが、自分の子どもも一緒に3名で参加しました。

会場に来て見ると他の参加者の子供たちは、やはりそういうゲームに普段から興味があるのか全身バッチリ迷彩で決めてくる子たちが多く感心の高さを知ることが出来ましたね。

 

最初はルール説明。特に会場を使用するに辺り守って欲しいことの注意事項として、休憩所に入るときまで「ゴーグルは外さない」「休憩所の手前で、残弾をすべて打ち出す」とか「休憩所の手前で、弾の入ったマガジンは銃から外す」「何より当たったら自己申告を徹底する」など厳守すべきこと、何より楽しいことはルールを守った上で成り立つことををミッチリ厳しく教えられました。相談当初からどのようなことを教えて欲しいかを伝えてあったので、その内容は充実していたと思います。

 

つづきはまた後日に。


こんにちは。
ソクドクマンです。

こんなに場所や環境が変わる塾も珍しいとは思いますが、
生徒の皆さんには本当にご不便をおかけしています。
ようやく落ち着いて出来る環境も整いつつあります。

学生や子供たちだけで無く、
新しく社会人の方も受講をされるようになり、
さらに速読を学んで良かったと言われるように
頑張りたい今日この頃です。

何か小さな事でも達成して塾生の笑顔がみられたときは
本当に有り難い気持ちでいっぱいです。

皆さんの未来に繋がる力となりますように....
今日も少し筒積み上げていきます。

暑い日が続くようになってきましたが
これを読まれている皆さんもお身体には気をつけて。
水分補給はこまめにしましょう。

 

センター試験の英語は今年も筆記とリスニングに基礎力が問われる出題だったようです。日常会話に重点をおいた会話形式がメインの構成で出題だったということです。
基礎力が必要なのは言うまでも無く、多読多聴の訓練が日頃からされていることが問われる内容だったということで、ここでも速読の力は必須であるとは言えますね。

 

「林先生が驚く初耳学」って面白いですね。
塾の先生だからこそ受験に必要な事も教えてくれますが、
何より実践的な目的で何を学ぶかを教えてくれます。

これ、タダで教えてくれている。
もちろんこれで予備校に通ってくれることを期待しているからこそですが、
社会人でも納得できる情報を伝えてくれています。

この中で「解決力」「創造」「群像の感覚」「モデル化」っていうのがありますが、
これはデザインの概念そのものです。
つまり自分を生涯デザイン(=設計)していく事で重要な科目として
「歴史」「数学」「国語」これら3科目を挙げています。
(もちろん他の科目が必要無いわけではありません)

自分も日頃から「歴史」は重要と感じます。
何故なら全ての科目が「歴史」の中で産まれているからに他なりません。
人類が発展してきた歴史の中で登場した人物が、様々な知識教養と技術のすべてを使って
また生み出して様々な問題を解決してきた証でもあります。

だからこそ幼いときから伝記を読むことは大事と思います。
社会人になってデザインの仕事をするようになってからですが、
数学の証明は大事だったんだなと実感もします。
何が問題なのか、読み解くためにも国語は大事だなと感じます。


気になる方は、過去の映像ですがYouTubeでどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=515nlaSzzRg


今週から始まった移転後の講座。なんとか始めさせて頂いています。
以前よりもスペース的には狭くなったので、より個別指導な感じです。
生徒の皆さんの頑張りに感謝。

センター試験の国語の文字数が、SRJさんより発表されました。今年も文章量は多かったみたいです。
やはり文章量が多くなってきている分、速く読むことは必須となってきていますね。
全ての分野で文章量は増えている傾向が見られるので、語彙力と文章読解力は必要です。
ソクドクマンの受講生でまだ受験生はいないですが、いずれ速読が効果を表すことは期待できると思います。

 

最近、生徒のAくんが面白い。

入って来たときは、ちょっと斜にかまえたところもあったけど、

最近とても素直に受け答えてくれる。

それだけでなく、いろいろ興味あるモノが増えて来たようだ。

 

先日は、「街の看板で見かけたんだけど、外国人でヒゲを生やしていて…..チャーなんとかって人。知ってる?」

って聞いてきた。

自分「どこの看板?」

Aくん「あの○○の学校の近くにある看板」

自分「ああ、それはもしかしてチャップリン??」

Aくん「そうかな….

自分がネット検索して画面で見せた。「このひとでしょ?」

Aくん「そうそう。その人。」

 

教室が小さくなって自分の作業場が教室になっているので

子供たちのわからない、に直ぐに対応できるのは現在良い環境だと思う。

こういう場合、四の五の言葉で伝えるより、映像やビジュアルで伝えた方が何より早い。

 

自分「この人はアメリカの映画俳優で喜劇王なんだよ。自分はこの人の映画で『キッド』が好きかな。あと『ライムライト』や『モダンタイムス』もいいね。」

その場で検索で出てきたのは、話していた『モダンタイムス』。

その映画をちょっと見て、ケラケラ笑ってみていたAくんが「これって家でも検索して見れる??」

自分「もちろん!」

いくつかをメモにして渡してあげた。

 

今の時代は良い。見たいと思えたらすぐに見られて本物にアクセスすることが出来る。

子供たちには、この優位性をフルに活用するように伝えるべきだと思う。

もちろんすぐにつながれるという危険性と注意点も含めて。

 

子どもの興味には何事も基本タイミングがあると思っています。

学校の授業もいろいろと工夫をしてきているようだけど、

やはり、自分の興味持つ事以外は、人って無関心だし、面白いとは思わない。

それは大人も子どもも一緒のはず。

大事なのは、興味の持った時を「しめた!!」とその瞬間大人が放さないこと。

今は大人が忙しすぎて、その絶好の機会に気がつかないことが多いのでは無いかなと想像してしまう。

また子ども自身も学習塾や習い事で忙しい。

それだけにそれらに関係ないことをするなんて、気持ち的にも時間的にも余裕が無い。

 

きっかけは何でも良い。

そこを入り口にして、どんどん知的好奇心を満たしていって欲しいと思う。

 

Aくん、良い映画をたくさん見てください。

そして良い音楽にたくさん出会ってください。

それから良い本に巡り会ってくれると嬉しいです。



アマゾンからブルーレイも購入できますよ(^^)

すぐに手に入るのも今の時代の良いところでもあります。

https://www.amazon.co.jp/s?k=%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&ref=nb_sb_noss

こんにちは。
ソクドクマンです。

この度ソクドクマンが、(株)エンジン様の企画運営から離れ、リビジョンデザインワークスの企画運営で新たに生まれ変わることになりました。
場所も移動になりますので、生徒の皆さんには個々にアナウンスさせていただきます。
実際規模的には、インストラクター一人でこなしていくので、移転縮小して「完全予約制個別指導」というところから始まりますが、
参加されている生徒さんのためにも、できることからさせていただければと思います。

4月1日にシステムを移管し、2日から通常営業になります。
講座参加の生徒の皆様、保護者の皆様、改めましてどうぞ宜しくお願い致します。

こんにちは。

ソクドクマンです。

 

いよいよ年の瀬ですね。

お正月の準備は進んでいるでしょうか?

 

ソクドクマンも検定を終えて、まずまずの成績を収めた方、前回を上回ることが出来なかった方と悲喜交々の想いを胸に新たな年を迎えようとしています。

 

また新年からはプログラミング講座もドローン編と、その他ちょっと面白いことをしようかと思っています。下記のサイトからお申込みならびに質問など随時受付ていますので、よろしくお願いします。

 

sokudokuman.net

 

ソクドクマンは、年内にギリギリまでやってます。無料体験も実施してますので、お気軽にお問い合わせください。

 

良いお年をお迎えください。

Access

所在地:静岡県駿東郡長泉町下長窪75-1 
    プリマベーラS106
お電話:055-989-6053 (担当:兵庫)

Follow Us

+880 322448500 Beverly Boulevard Los Angeles